ホーム>製品特性

製品特性

ウェビングカット

ウェビングカットとは

ウェビングカットは刃が入り始めた側から開き始めるのが特徴です。
エムエスシーオリジナルのウェビングカットは下の図のような刃の動きをし、「材厚によるクリアランス調整無用」、「板押さえ不要」、「なめらかな切断面」、「抜群の刃持ち」を実現します。2014108111318.jpg

1.材厚によるクリアランス調整不用

2014108111937.jpg

「ウェビングカット」式は、シャーリングで必要なクリアランス調整が無用です。
面倒な被切断材料の「厚さ・幅・硬さ・成分」を考慮した調整をせずに使用できます。
「0.05t~仕様最大厚まで、クリアランス調整無用です」
「仕様により、箔・ラップ材の切断も可能です」

※特殊な材料の場合、「定尺材」カットにおいてその材料に合ったクリアランス量を設ける場合があります。
 

 2.板押さえ不要

2014108112337.jpg

「ウェビングカット」式は、シャーリングで必要な通常切断時の材料押さえが不要です。

※直線度を要求される場合や「短尺材」等において板押さえが必要なこともあります。
 

3.なめらかな切断面

2014108112631.jpg

シャーリングでは2次加工が必要な場合も「ウェビングカット」式では、「切断→即材料」の場面が多く見られます。

※刃先の「ダレ」状況により、早めの刃先交換をお願いします。
 

 4.抜群の刃持ち

2014108112814.jpg

「ウェビングカット」式は、SPC材等の一般軟鋼において、シャーリングの数倍以上の刃持ちを実現しております。
※長年の経験と実績から、切断材料に合った刃の形状や材質の御提案も致します。別途ご相談下さい。

2014108112929.jpg

アルミインゴットカッター

アルミインゴットカッターとは

201410811508.jpg

・他の周辺装置等に依存することなく設置するだけ
・スクラップ処理の投資費用が抑えられます
・構成ユニットが単純な為メンテナンスが容易です

 

アルミ箔/銅箔 等

アルミ箔/銅箔とは

材料:アルミ(箔)/銅(箔)
材厚:0.03mm
材幅:10mm~

コイル状の材料を送り装置で一定長送り、切るを交互に行うことで簡単に定尺切断を行うことが出来ます。
セットも容易で多品種少量生産にも対応できます。
昨今ではリチウムイオン電池電極板の材料としても利用されております。
 

ページ上部へ